WHAT IS THIS BOX?

iCPE-IoTスマートゲートウエイ

~ iCPEで繋がる人、モノ、情報 ~

サービス毎に独立したインターネットアクセス環境を
実現するマルチサービス向けプラットフォーム

マルチサービス向け
プラットフォーム

多種多様なアプリケーションや
サービスに対応可能な設計

Z-WAVE対応

サブGHz帯を使用する無線規格”Z-WAVE”モジュールを搭載

拡張用USB2.0ポート

メンテナンスや機能拡張用ポート x 3
搭載

盗難防止機構

3G/4G回線に対応
(オプション)

アップリンクやバックアップ回線として3G/4G回線を利用

バッテリーバックアップ
(オプション)

バッテリーパックを搭載することで停電時への対応も万全

市場投入までの時間を短縮する”iCPE”導入メリット

  • サービス導入コストの削減

    OpenWRTの採用により目的に応じたシステムへの対応が容易
  • ニーズの変化に敏感に対応

    IoTソリューションのような早い市場サイクルに合わせ、既存製品やアプリケーションを柔軟に対応させることが可能

IoTを活用した将来がもたらす未来像

IoTに関連する市場と技術の進歩はすでに成長を始めています。しかし成熟したソリューションやサービスが市場に浸透し、
エンドユーザーにメリットを提供するには、もう少し時間が必要です。
IoT市場が成熟する為に必要且つ重要な要件を以下に示します。

  • 通信インフラ

    センサーなどのモノがインターネットに接続し、サービスを受けられる未来
  • 高い信頼

    サービスへの高い信頼性を支えるための運用性と操作性が求められる未来
  • モビリティ

    リアルタイムに近いサービス提供が受けられるためのモバイル対応が求められる未来
  • 情報の共有

    様々な情報を多くのサービスと共有することで多種多様な情報を得られる未来

将来を見据えたIoTソリューションは、オープンプラットフォームが不可欠な要素であり、IoTアプリケーションは上記の要素をカバーする必要があります。

iCPEが可能にする未来 “Smart Home Solution”